かすみの気まぐれ日記


プロゴルファー藤井かすみが気まぐれ更新中!
by kasumi1130
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

2009年 06月 25日 ( 2 )

しょうが焼き☆

皆さん、こにゃにゃちは。超大雑把なお料理の時間がやって参りました。
さて‥今日のお題は‥。しょうが焼き☆です。まあ、どうして最後が☆のマークなんだか。深い意味はありません。
それではかすみ流のしょうが焼きの作り方をここで発表いたします!
先ずは豚肉を用意して下さい。300グラムとか500グラムとかまあ食べられる量を。(少し厚めのお肉がいいです)何でか?って?薄いお肉だと、しょうが焼きの汁?に浸けると、やたら味がしみ過ぎて、しょっぱくなっちゃうからです(>_<)つい最近、豚カツ用のお肉でやったら、まあなんと美味しかったこと。びっくり。
で、余談でしたが。そのお肉をまさにしょうがと醤油に浸けるのですが、まず、生姜は少々(握りこぶしの半分くらいを)おろしがねでボールにすりおろし、(私は面倒臭いので皮は剥かないでおろします。ははは。)醤油も適当肉が漬かるくらい。ははは。いや、お酒も入れますから、醤油とお酒を足して200CCくらいでいいでしょうか?本当に適当でごめんなさい。
あまり長く浸けると味がしみてしょっぱくなりますから、さっとフライパンで焼きましょう!
フライパンにはオリーブオイルを多めにひいて、(植物油にはコレステロールを下げる効果があるとか)お肉をその上に一枚ずつ並べ、すぐ裏が白く焼けますから、早めに裏返して、出来たら少し蓋をして10秒ちょっと蒸し焼きにします。ここでモヤシを入れてもオッケーというかまた更に美味しくなります。モヤシを入れるなら、片側を焼いたらすぐにモヤシを入れ、その上に裏返した肉をのせて‥蒸し焼きにしましょう!
モヤシがまだ少しパリパリ感が残ってるくらいでお皿に盛り付けて出来上がり。
ね。想像しただけでもヨダレが出てきませんか?豚肉は、生だと菌が多いから生焼けは避けて‥でも焼きすぎは固くて美味しくなくなりますから、両面が白くなってから10秒ちょっとくらいがいいと思うんですけど。
お肉の厚みによって時間は違います。もしも豚カツ用のお肉でするなら、両面が白く焼けたら、一度フライパンからおろし、まな板の上で一口大に切って、またフライパンに戻して4面を焼きましょう!きっと美味しいしょうが焼きが出来上がると思います。
コツは、しょうが醤油に浸け過ぎない事です。うん、多分薄味が美味しいと思います(⌒‐⌒)
以上で今日の部を終わります。それではまた。
[PR]
by kasumi1130 | 2009-06-25 12:39

今日の料理

皆さん、おこんばんわ。今日と言うか昨日ですね。もう。実はこの日記、3回目です。2回とも消えてしまいました。
ショックを受けながら、3度目のトライです。
今日の料理ですが、まず鶏挽き肉を用意して下さい。私は500グラムくらいです。
それをボールに入れて、青ネギ少々と塩とこしょうを多めに入れて、卵を1つ入れてさっとこねます。
それを鍋に3リットルくらいの水を入れて、水から煮ます。スプーンで先ほどこねた挽き肉をすくって、鍋の中に落として行きます。全部入れなくてもいいです。(余ったらまた後で入れて下さい)
灰汁を取りながら沸騰させて、スープが澄んで来た所に(濁った色から透明っぽくなります)モヤシを1袋と豆腐を1丁入れます。豆腐は食べやすい大きさに切って下さいね。ははは。
もう一度沸騰したら、火を少し弱めて、また塩とこしょうを入れます(味を見ながらお好みで)最後に醤油で味を整えて出来上がりです。
病み上がりに身体の温まる、簡単で美味しい料理の出来上がりです。
私は食べたい時に起きて、何度も温めなおして食べました。
温めなおす度にまた味がしみてちょっと美味しかったりするんですが。
お好みで卵をかき混ぜてザルか何か網のような物を通してスープをかき回しながら入れるとまた卵とじみたいで美味しいかも。
やっぱり、スープではダントツに鶏肉がいい出汁が出ますね。美味しくて、飽きない、身体の温まるスープ?鍋?をどうぞお試し下さいませ。
また感想を聞かせて下さい。それではまたこの辺で。おやすみなさいzzz
[PR]
by kasumi1130 | 2009-06-25 00:30

最新の記事

ブログお引越し
at 2010-03-09 22:57
チアリーディング???
at 2010-01-31 22:20
忘れ物大将!!
at 2010-01-04 15:19

検索

藤井かすみプロフィール

1967年 山口県岩国市に生まれる。スポーツはソフトボールにのめり込み、特待生で高校、大学と進む。
大学時代に全日本学生選手権優勝ピッチャーになり日本代表へ。
卒業後ソフトボール協会でOLをしていたが、当時「OLからプロゴルファーへ」のコマーシャルで有名になった村口史子プロに刺激を受け一念発起。23歳で初めてゴルフクラブを握り、プロゴルファーを目指し、1995年にプロテスト合格。
(師匠はアメリカツアー賞金女王の岡本綾子プロ)
1998年に高沖コーチと契約し。初のシード権獲得。ベルーナレディスで初優勝し、破竹の勢いで毎年1~3勝するトッププロへ。その後通算10勝をマーク。
2006年、競輪選手の高橋健太さんと結婚。同年、最愛の母親が不治の病倒れ、半年間試合を休んで付き添い看病を続けるが、願い届かず他界。1年のブランクを乗り越えツアー復帰するも体調不良も重なりシード権を失う。
しかし、「このままでは終われない!」と2010年は再起を誓う。



~高沖ゴルフアカデミー~
ホームページ



ファン

ブログジャンル

画像一覧